TREATMENT症状別診療項目

膝の症状

  • 膝関節の痛み

考えられる疾患

  • 変形性膝関節症
  • 半月板損傷
  • 内側側副靭帯損傷
  • 外側側副靭帯損傷
  • 前十字靭帯損傷
  • 後十字靭帯損傷
  • 鵞足炎
  • 腸脛靭帯炎(ジャンパー膝)
  • 膝蓋靭帯炎
病態

膝関節の関節軟骨がすり減る加齢変化や、過剰に使いすぎることで周囲筋の炎症を引き起こすこともあります。その他にも外傷によるストレスにより靭帯や半月板を傷つけることもあります。

治療方針

日常生活に支障があるくらいの痛みのある時期は、炎症を抑える注射や内服にて疼痛を早期に抑えます。徐々に疼痛の緩和とともに、ヒアルロン酸注射により関節の可動域向上や損傷した組織の修復を開始します。それと同時にリハビリを開始します。必要に応じてテーピング指導、サポーターや足底板などの装具療法も処方します。

当院でのリハビリテーション
徒手治療(運動器リハビリテーション)

痛みが生じた経緯や現在の症状などを評価し、疼痛や痺れの原因組織を以下の様に特定します。

  • 膝内側の痛み(内側側副靭帯、鵞足、内側の筋、内側半月板)
  • 膝外側の痛み(後面の関節包靭帯、外側の筋、腸脛靭帯)
  • 膝前面の痛み(膝蓋骨周囲組織、脂肪体、膝蓋靭帯)
  • 膝後面の痛み(後面の関節包靭帯、後面の筋、後面の滑液包)

可動域制限や筋力低下、関節のねじれ等によって生じる関節への荷重負荷を修正することで、疼痛を引き起こしている組織へのストレスを軽減させます。

トレーニング

疼痛がある程度落ち着いてくると、再発予防や良い姿勢の維持、生活動作の改善・維持を目的に膝関節の筋力強化、下肢のストレッチを医療に特化したトレーナーが指導し、セルフケアができる体つくりを目指してトレーニングを行っていくこともあります。

物理療法(温熱療法、電気療法、牽引療法)

消炎鎮痛を目的に物理療法を徒手、トレーニングと併用して実施することがあります。
原因組織や疼痛の強さに応じて医師の指示で実施される物理療法が異なります。