職員紹介WORK&PERSON

トレーナー

のぞみの強みは
“患者さんのために一丸となるチーム医療”

田中 皇生TANAKA KOKI

よく聞いて、よく見て、そして触れることで患者さんのことを理解します。

当クリニックではスポーツをされている方だけではなく、運動が必要な全ての方にトレーニングを行います。具体的には患者さんの体の状態を評価して、1人1人にあったトレーニングプログラムの作成と、その指導を主に行っています。姿勢、筋力、柔軟性は人それぞれなので、それを注意深く観察して、その人にとってどのような動きが必要か判断します。聞いて、見て、触れることで患者さんの課題を理解して、最適なプログラムを作成します。まずは、患者さんのことをよく知るということが重要だと考えています。

地域の方のために働きながら、自分のやりたいことも実現できる環境

学生時代は大阪の学校で学んでいたのですが、地元広島のために何かしたいと考え、広島で就職活動をしていました。そんな中、求人票に記載された地域医療の考え方などが自身の考え方とマッチしていたこともあり、面接を受けました。面接以前に私が患者として受診したときの、綺麗で明るく、落ち着くクリニックだな、という印象も入職を決めたきっかけのひとつです。
実際に入職してからの生活はとても充実しています。仕事においては、トレーナーでありながら、自身が持っている鍼灸師の資格を生かした施術を行うことができるなど、自らの強みを生かした働き方ができています。さらに、私は管理職でもあるのですが、勤務シフトも個人の事情に配慮されていて、プライベートの両立も非常にしやすい環境にあることはこの職場の魅力のひとつだと感じています。

強みを組み合わせるチームワーク

他職種の職員から一人の患者さんに対する別の視点からの意見を聞くことができたり、自分の不得意な部分を補ってくれるチームがあることは当クリニックの大きな強みであると思います。例えば、スポーツ選手に対するリハビリについて、トレーナーは投げ方、走り方は教えることは得意です。一方で関節の1つ1つの動きに関するリハビリのことは理学療法士が詳しい。過去にはそういった強みを組み合わせ、回復が不安だった選手を早期に復帰へと手助けできたときなどは、やりがいと大きな達成感を感じました。

患者さんに対する想いでつながっているクリニック

私の現在勤務するスタジアム前の職員はとにかく個性豊かではありますが、真面目な職員が多く垣根を越えて交流しています。それぞれ個人の夢や目標は違っていても、患者さんに向き合うという根本の部分で同じ方向を向いていると思いますし、今後もそうありたいと思います。そのために今の立場にあって私ができることは、まず個人として認めることだと考えています。個人の考えやスタンスを尊重したうえで、チームとして実現したいことを伝え、個人とチームが相互に理解し合えるような環境を整えていくことが私の役割だと考えています。

夢はトレーナーや鍼灸師をメジャーな職業にすること

鍼灸やトレーナーのイメージは個として活動している印象が強いと思います。そのイメージを覆し、ある意味でメジャーな仕事として世間に認知してもらうことこそが、私が思い描いていることです。その為にはまず、組織として活動し実績と信頼を引き上げていくことが必要であると考えています。その側面からも当クリニックで働くということは、組織にいながら、個人でやりたいことを実現できる環境にあることだと感じています。私にとって当クリニックは楽しめる場所、わくわくできる場所です。私にとってそうであるように、自分の実現したい夢や目標がある方にとっては、公私の両立ができる、充実した職場だと思います。

1週間のスケジュールWEEKLY SCHEDULE

ある1日のスケジュールONE DAY

  • 8:20

    勤務開始・トレーニング指導

    患者さんの一人ひとりのプログラム作成と指導を行います。 見守りと声かけ、自宅でも行えるストレッチ等の指導を行っています。

  • 12:00

    休憩

    妻の手作り弁当です。感謝しています。

  • 13:00

    デスクワーク

    院内の案内POPなどの作成、更新をしています。

  • 15:00

    トレーニング指導

    夕方からは学生の患者さんも多く来院されます。競技復帰に向けたリハビリも行っていきます。必要に応じてテーピングや松葉杖指導も行っています。

  • 17:00

    退勤

    遅出のスタッフへ引継ぎを行い、業務終了です。早く帰る日は子供と遊んでいます。