職員紹介WORK&PERSON

ケアマネージャー

家族を支える介護のエキスパート

山本 美香YAMAMOTO MIKA

一人一人ときちんと向き合う

「居宅介護支援」といって、介護の必要な親御さんがご家族の近くで在宅の生活を続けていけるようにするための介護サービスを提供しています。ご本人様だけでなく、ご家族の状況・意向も伺いながら、利用者さんに一人一人に合わせたプランをご提案します。その他にも、お試し希望の方へのサービス内容のご案内から、実際に利用者さんの自宅に伺ってサービスの評価・感想をヒアリングしたり、サービス内容改善の担当者会議などを行っています。

先輩からの紹介で出会った、働きたい!と思える職場

私が音楽療法士の学校に通っていた際に出会った先輩がのぞみ整形外科で働かれており、「ヘルパーで働かないか」と誘われたのがきっかけです。望んでいた音楽療法士としての仕事ではなく介護職としての入社でしたが、いざ働いてみると和やかな雰囲気で明るいスタッフさんが多く、事業所や現役のケアマネージャーの方との繋がりもできていく中で、のぞみ整形外科で働いていきたいという思いが強くなっていきました。

距離が近いからこそ感じられる仕事のやりがいと難しさ

ケアマネージャーは、利用者さんが今までできなかったことができるようになる姿を見ることができ、ご家族の喜ぶ姿も近くで見ることができるやりがいのある仕事です。一方、利用者さんの生活に入り込む仕事のため、ご家族の中で意見がぶつかってしまうという大変なこともありますが、「山本さんのサポートがあるから安心して日々の生活を送れるようになったよ」とご家族の方から嬉しい言葉をいただくことも多いです。

介護を通して地域に貢献していく

高齢者の人数が増えている一方でケアマネージャーの人数は減っているという現状があります。現在、私は2人の元気で明るいメンバーと一緒に働いていますが、もっともっとケアマネージャーの人数を増やしていきたいと思っています。そして提供できるサポートの幅を広げて、将来的にはより多くの家族と関わって、地域貢献できる活動に取り組んでいきたいです。

職員同士の活発なコミュニケーションがつくる風通しの良さ

のぞみ整形外科は、職員が和やかで明るく、コミュニケーションが活発な職場です。のぞみ整形外科には4つのクリニックがありますが、他のクリニックのスタッフさんとコミュニケーションを取れる場もあり、部長や主任にも相談をしやすい風通しの良い職場です。仕事中以外は携帯電話の電源もオフにしておくなど、仕事とプライベートを分けることもできます。

1週間のスケジュールWEEKLY SCHEDULE

ある1日のスケジュールONE DAY

  • 8:00

    勤務開始

    パソコンや携帯電話のメールの確認、訪問の準備をします。

  • 9:00

    利用者さん宅訪問

    利用者さんの体調確認、ご家族も一緒に短期目標の達成確認、来月の利用確認を行っています。

  • 10:30

    別の利用者さん宅訪問

  • 12:00

    休憩

    お弁当は毎日作っています。スタッフとコミュニケーションをとる大切な時間です。

  • 13:00

    書類作成

    各種手続きに必要な書類を作成し、提出します。利用票・提供票の作成。

  • 14:00

    ケアプラン作成

    利用者さんが困っている事は何か、その方に何が必要なのかをしっかり検討し、作成していきます。

  • 15:00

    担当者会議準備

  • 15:30

    書類作成

    今日の出来事を振り返りながら支援経過の入力を行います。

  • 17:00

    退勤

    日報の入力し、業務終了です。同僚と晩ご飯のメニューの話しをしながら帰宅します。