職員紹介WORK&PERSON

鍼灸師

患者さんの辛い症状を改善できた時の喜び

谷口 和也TANIGUCHI KAZUYA

高校時代の経験が鍼灸師として働くきっかけに

私は高校野球をしていた時に肉離れをして、長い間、選手としてプレーできない時期がありました。その時に人生で初めて鍼治療を受けて、「鍼灸師」という職業を知りました。それまではなかなか症状が良くなっていなかったのですが、実際に治療を受けてみると、受ける前と受けた後で身体の変化を実感することができ、「こんな治療方法があるのか!」と驚きました。この経験をきっかけに鍼灸師に興味を持ち、この職に就くことを決めました。

整形外科で鍼灸師として働くという選択

鍼灸師は鍼灸院や接骨院で働くことが多いのですが、私がのぞみ整形外科で働くことを決めたのには理由があります。のぞみ整形外科では、鍼灸師以外にも看護師や理学療法士、放射線技師など様々な職種の方が働いています。この環境だからこそ、鍼灸師以外の視点でアドバイスを貰うことができ、患者さんに対しても1人1人に合った治療を提供することができるクリニックだと感じたからです。実際に働いてみても、様々な部署の方から違った視点でのアドバイスを貰えることは多く、自分の成長に繋がっています。

鍼灸だからこそできる治療がある

のぞみ整形外科には、リハビリをされている患者さんが多くいらっしゃいます。その中でも鍼灸を受けに来られる患者さんは、リハビリをしてもなかなか症状が良くならなかった方が多くいらっしゃいます。そういった患者さんに鍼の治療を施して、「楽になりました」「前よりも良くなりました」と嬉しそうに言っていただけることが、鍼灸師としての仕事のやりがいを最も感じる瞬間です。

「助け合いの気持ち」で生まれる働きやすさ

私の所属するリハビリ部は、団結力があり、みんなで助け合おうという良い雰囲気があります。実は最近、産休から戻ってきた鍼灸師がいるのですが、まだ子どもが小さいので、夜は出勤せずに、昼過ぎまでの勤務で帰宅できるよう、他のメンバーで協力し合っています。残業についても「できるだけしないようにしよう」という雰囲気もありますし、業務終了後には後輩と筋トレを一緒にしたりするなど、非常に雰囲気が良い部署だと思います。

結果にこだわる鍼灸師を目指して

クリニックに来られる患者さんは、何らかの悩みや慢性的な症状をお持ちの方が多くいらっしゃいます。私たちの仕事では、患者さんの抱える症状が今より良くなってもらうことが1番なので、「治療の手応え」と「患者さんの満足感」が一致するサービスを提供していきたいです。また、個人的に社会人野球のサポートもしているので、その経験も生かしながら、よりいろんな人を治療できる、結果を出せる鍼灸師になっていきたいと思っています。

1週間のスケジュールWEEKLY SCHEDULE

ある1日のスケジュールONE DAY

  • 8:30

    勤務開始・鍼治療

    午前は鍼治療です。1時間で2〜3名の予約制で鍼やお灸を使用し患者さんへの施術を行います。(*お灸を行っていない施設もあります。)

  • 12:00

    休憩

    他職種のスタッフとコミュニケーションをとりながら過ごします。

  • 13:00

    トレーナー業務

    午後からはTR業務です。トレーナーと共に運動指導、物理療法の補助を行います。チームとして患者さんの情報共有を行います。

  • 17:00

    退勤

    カルテ入力を済ませ業務終了です。