職員紹介WORK&PERSON

医療事務

"あなたがいるから来たのよ"
と言っていただける存在へ

河野 亜美KOUNO AMI

クリニックの顔として、治療のサポーターとして幅広く活躍できるサービス部

クリニックの受付は患者さんを迎えいれるところからスタートし、治療の内容を確認してご案内をしてから、診察やリハビリが終わった患者さんをお見送りするまでをサポートする役割の仕事です。当会の一部のクリニックでは診察中に医師についてオペレーター業務を担うケースもあります。患者さんの発言や医師の指示を入力したり、専門用語も勉強して、まさに治療現場で常に先を見た仕事を行っていきます。そういった意味でも当クリニックのサービス部は責任とやりがいを感じられる部署だと思います。

仲間の存在に助けられた

現在はサービス部の役職者として、日々受付に立ちながら直属の部下の管理やトラブル対応なども行っています。大変なことは多いですが、ここまで続けてこられたのは、“みんなで頑張ろう”と言い合える仲間のお陰です。実は以前、一度辞めようと思ったことがありました。ただ、そのとき思いとどまることができたのは、同僚からの声かけや職場の皆さんとの人間関係があったからです。日頃からスタッフ間でコミュニケーションをとる機会が頻繁にあるので、一緒に頑張ろうという意識を共有して、お互い支え合える関係性が自然とできているのだと思います。現在所属している寺家クリニックはサービス部の人数が多いとはいえず、若いスタッフが多い分課題も多いですが、当時の自分の状況を思い出して、サポートし合あえる関係性をしっかり築いていきたいと思っています。

患者さん、地域との信頼関係を紡ぐというやりがい

長く受付をやっていると患者さんも私たちの顔を覚えてくださいます。患者さんから“いい笑顔だね”などと言っていただけることは本当に嬉しい瞬間です。さらに、幅広く患者さんをサポートしているからこそ、患者さんから“あなたがいるから来たのよ”などと声をかけていただくこともあります。そのようなお声をいただく度、地域に密着する当クリニックと患者さんとの信頼関係の橋渡しの一端を担えたことを実感し、とてもやりがいを感じます。

それぞれの得意を組み合わせたチームワークで地域医療に貢献できる職場

人間関係が何よりも大切だと考えていますので、これからもっとチームワークを高めていき、みんなで補って助け合えるような環境にしていきたいと考えています。人間なので感情はひとそれぞれなのは当然ですが、仕事という場面ではどんなときもフォローしあえる仲間として認め合えるチームをつくりあげていくことが私の目標です。
だからこそ、のぞみは人と接することが好きな人であればぴったりの職場だと思います。医療事務が初めてでも、専門用語に自信がなくても最初は全く問題ありません。人と話すのが好きとか、接客が好きとか、なんでも良いので自分で得意だと思うことがあれば飛び込んできて欲しいです。スキルアップに関する教育体制はしっかりと整っていますし、チームでフォローしていく雰囲気があります。のぞみには明るくて真面目な職員さんばかりなので、安心していただけると思います。

1週間のスケジュールWEEKLY SCHEDULE

ある1日のスケジュールONE DAY

  • 8:20

    勤務開始

    開院までに電子カルテの仕上げ、窓口周辺の環境確認、患者さんをお迎えする準備を行います。

  • 8:30

    受付開始

    診察やリハビリなど、患者さんの希望に沿いご案内、誘導を行います。

  • 12:00

    休憩

  • 13:00

    請求業務

    レセプト期間中は交代で請求業務を行っています。正確に間違いのない業務を行うために他クリニックスタッフとも情報共有しています。

  • 15:00

    窓口業務

  • 17:00

    退勤

    遅出のスタッフに引き継ぎを行い、業務終了です。 早く帰れる日はスーパーに寄って料理をします!