TREATMENT症状別診療項目

首の症状

  • 頭痛、頚部~肩甲骨周囲の痛み
  • 頚部~手指の痺れ

考えられる疾患

  • 変形性頚椎症
  • 頚椎椎間板症
  • 頚椎椎間板ヘルニア
  • 頚椎症性神経根
  • 頚肩腕症候群
  • 胸郭出口症候群
病態

日頃の姿勢や生活や仕事などでの頚部にストレスのかかる動作に起因した病態や加齢に伴う病態によって頚椎周囲組織に異常をきたし、頭痛、頚部~肩甲骨周囲の痛み、頚部~手指に広がる痺れを引き起こします。

治療方針

日常生活に支障があるくらいの痛みや痺れのある時期は、首の安静保持を心掛け、頸椎カラー 装具の着用で、過剰な疼痛や痺れを抑えることが大切です。痛みに応じて注射、内服等で疼痛を コントロールします。痛みの程度が落ち着いてくればリハビリを開始します。

当院でのリハビリテーション
徒手治療(運動器リハビリテーション)

痛みが生じた経緯や現在の症状などを評価し、疼痛や痺れの原因組織を以下の様に特定します

  • 頚椎椎間関節の痛み
  • 頚椎椎間板の痛み
  • 頚髄神経からの痛みや痺れ
  • 末梢神経からの痛みや痺れ
  • 頚椎周囲の靭帯、筋の痛み

原因組織に応じてストレッチ、筋力強化、関節治療、神経系の治療を実施すると共に、その組織にストレスをかけている姿勢や生活上の使い方の改善指導も実施して疼痛、痺れの消失に努めます。

トレーニング

疼痛がある程度落ち着いてくると、再発予防や良い姿勢の維持、生活動作の改善・維持を目的 に頭頸部の筋力強化、肩甲骨周囲の強化、頚部~肩甲骨・上肢にかけてのストレッチなどを医療 に特化したトレーナーが指導し、セルフケアができる体つくりを目指してトレーニングを行って いくこともあります。

物理療法(温熱療法、電気療法、牽引療法)

消炎鎮痛を目的に物理療法を徒手、トレーニングと併用して実施することがあります。 原因組織や疼痛の強さに応じて医師の指示で実施される物理療法が異なります。