職員紹介WORK&PERSON

医師

"ここに来てよかった"
と思ってもらえるクリニックを目指して

貴船 誠二Dr. KIFUNE SEIJI

患者さんの本当のお困りごとに向き合いたい。

私は当院に2004年に入職し、永年取り組んできたことがあります。それは、本当に患者さんの身になって、痛み・辛さ・不安の原因をクリアにするために真摯に向き合うということです。こちらが熱意をもって接していれば、患者さんに伝わって信頼に変わる。それがクリニックの医師としての生き甲斐だと思います。
語弊を恐れずいえば、「外来」というものは、適当にやってしまえる部分もあるのかもしれません。ただ、私たちが目指すのは、薬や湿布薬を処方するだけではなく、患者さんの本当に求めていることを探り、希望に応えて差し上げるために何が必要なのかを考え、行動することです。
そういった意味で、患者さんの気持ちを汲み、寄り添える医療施設でありたいと思っていますし、この想いに共感できる医師と一緒に働けることを願っています。

自分たちにしかできない、質の高い医療を提供するということ

私が若い頃は、整形外科医は外来より手術を重要視する傾向も強く存在していましたし、私自身もクリニックに対する印象としてクオリティがあまり高くないのではないか、という思い込みもありました。私の実家は開業医で、自らも開業して将来的には地域医療に携わるという意識はもっていました。もちろん、大病院での手術などにもやりがいは感じていましたが、そういった組織に属していると、術後の患者さんに対するケアの方法がないことが多く、疑問も感じていました。
そんな時に出会ったのが、今の理事長先生です。患者さんひとりひとりに対する気持ちの強い方でした。当時は同じ大病院にいたのですが、理事長先生が関わっている患者さんはとても多いにも関わらず、手術したら終わりというスタンスではなく、しっかりと患者さんに入り込んだ対応をされていました。そんな理事長先生から“西条一、広島一、日本一のクリニックをつくりたい“という熱意のあるお声がけをいただき、強く共感し、当院の立ち上げからご一緒しています。

地域に寄り添うクリニックだからこそ感じるつながりとやりがい。

長く勤めていると、子供のころから大人になるまで、そしてその方のお子さんまで患者さんとして診させていただくといった経験も多々あります。また家族全員が患者さんになってくださることもあります。そういう接し方をしていると、大変な治療やリハビリを一緒に乗り越えた患者さんが、大人になって訪ねてきてくださったり、治療の成果を報告にきてくださったりします。そういった患者さんとのつながりは本当に嬉しいです。地域にいることでつながるご縁や頼っていただける信頼関係は私たちにとってかけがえのない財産です。
このような地域の方に頼っていただける医療の提供が可能になるのも、仲間の医師がいて、いろいろな視点での相談ができるということは重要なポイントです。そして、のぞみに在籍する素晴らしいコメディカルのメンバーと共にチームで患者さんに接することができるということも当院の特徴と言えます。チーム医療により、患者さんが治っていく姿を目の当たりにできるのは、大病院との外来とは全く違う、地域のクリニックでないと感じられないやりがいです。

医師が妥協なく成長し続けられる場所を目指して。

何より患者さんにとって身近であるということはこれまで通り守っていきたいです。まだまだ至らぬ点は多いですが、「困ったらのぞみ」と思っていただけるクリニックになるためにも、整形外科として患者さんの本質的なニーズにきちんとお応えできるよう、医師が成長し続けられる場所にしたいと考えています。
特にクリニックは医師の言動で地域の患者さんからの印象が大きく変わります。のぞみにいる医師全体がレベルアップしていくことに妥協せず、患者さんの声にしっかりと耳を傾け、全員の目線が揃った集団になることを目指したいと考えています。ひいては、この想いが日本中の医師に広がっていくことを願い、一歩ずつこの場所での積み重ねを大切にしていきたいと考えています。何より、こういった想いを共有できる医師と共に歩んでいけることを楽しみにしています。

1週間のスケジュールWEEKLY SCHEDULE